読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよなら、こんにちは

KAT-TUNとK-POPについて語るブログ

2017年、キーくんと関ジャム

key

明けましておめでとうございます〜!今年は月2回くらいはブログを更新したいと思います!(笑)カメはソロコンフラグ立ちまくりだしシャイニもツアーが始まるし、とにかく私は健康で一年を乗り切りたい(切実) 

 

さて韓国で行われたイン・ザハイツ公演

正直キーくん、というか韓国のアイドルはトリプルキャストでやるから逆に気の毒だと思うんです(同じキャストだと客席が埋まらないという問題もあると思いますが)やっと役を掴めてきたと思ったら終わりでしょ!?ジャニーズ舞台も何年か見て来たけどマチソワぎっちり1カ月やり遂げるので、精神や体力がかなり鍛えられるんですよね!だから勿体無いなーっていつも思います

 

そんな話題はさておき、キーくんの顔が安定しつつある!嬉しい!!正面から見ると鼻がシュッとしすぎかな〜と思うけどサングラスかけても変じゃなくなった(;∀;)これキーペンさんなら分かるはず!

  

f:id:toumei23:20170109144338j:image

 

f:id:toumei23:20170109145732j:image

 

満足出来るお芝居が出来たのか、ミュージカルの退勤の時はご機嫌さんだったし良い顔してた!歩いていくのに着いていくオタも多くて危ないなあ、と思ったけど日本からも沢山観に行ってたみたいで自分のファンに囲まれるのは嬉しいよね!しかし久々に画像を保存したわ(笑)  

f:id:toumei23:20170109150036j:image

 

これちょー好きー

f:id:toumei23:20170109144402j:image

 

おんぼむさんが撮ってくれると良かった、まだやっててくれて!と何故か毎回思う(笑) 

ロンドンっ子みたいな装いも久しぶりじゃね?

f:id:toumei23:20170109145657j:image

 

f:id:toumei23:20170109145724j:image

 

今日からコンリハですかね?演出経験が少ないりのさんっていうのが不安なんですけど、参りました!と思わせるような演出をお願いしたいです

間違いなくこれから日韓関係が拗れていくと思うけど(シャイニは好きですが国際問題は別問題)タイミングが悪いな、と正直思ってしまいました
でも今までだって地上波の番組は殆ど出られなかった訳だから変わらないといえば変わらないよね

 

ところで、日曜の夜に関ジャニ∞テレビ朝日でやっている「関ジャム」という番組がありまして

昨日は音楽プロデューサーが選ぶ名曲10ということで面白そうだったから見たかったんですよね!プロデューサーは蔦谷好位置いしわたり淳治tofubeatsの3名

蔦谷さんは色んな人のプロデュースをしてるけど私の大好きなYUKIの「JOY」をプロデュースした人

 

蔦谷 好位置(つたや こういち、1976年5月19日 - )は、日本のミュージシャン、音楽プロデューサー。ロックバンドNATSUMENのキーボード担当(2010年7月脱退)、ロックバンドCANNABISのキーボード。北海道札幌市生まれ。本名は蔦谷恒一(読み同じ)。愛称は「ナイスポジション」。札幌西高校、北海学園大学卒。2009年現在は株式会社アゲハスプリングス所属。

 

 

 

当時はかなりビョークにかぶれてたYUKIですがその辺りが1番良かったなー!ビョークを知らない方はいないと思いますが1番分かりやすくて見易い映画「ダンサーインザダーク」の劇中歌を

私が観た映画の中で観た後に1番、気分が悪くなった映画です.. あの後、何も食べる気がしなかった(笑)

 

淳治はSMエンタからいつも馬鹿の一つ覚えみたいに作詞を頼まれる人ですが←酷い シャイニにも詞を沢山書いてますけど私の中では元スーパーカー、そしてチャットモンチーのプロデューサーのイメージだな、未だに  

 

いしわたり 淳治(いしわたり じゅんじ、本名:石渡 淳治(読み同じ)、1977年8月21日 - )は、日本のギタリスト、作詞家、音楽プロデューサーである。青森県十和田市出身。血液型B型。元SUPERCARのギタリスト。

 

スーパーカー時代を知ってる人なら今の活躍にびっくりですよね(笑)ナカコーやミキちゃんが中心だったしあの2人はどこ行ったんや?っていう

私はあの時代ならナンバーガール派だったのであまり熱心には聴いてませんでしたが古川さんの声は好きだったなあ

 

でも古川さんのコーラスで1番好きなのはくるりの「ばらの花」(笑)

 

で蔦谷さんや淳治が選んでた曲は全くピンと来ず(笑)1番私の好みと近いな〜と思ったのが若手のtofubeatsでして

 

tofubeats(トーフビーツ、1990年11月26日 - )は、日本の歌手、音楽プロデューサー、DJ、トラックメーカー。本名は河合 佑亮[1](かわい ゆうすけ[2])。主にハードオフブックオフ等を巡り収集した中古CDや中古レコードとパソコンを駆使した楽曲制作活動を行っている。

インターネットを利用して楽曲の発表を行うことでWIRE出演やメジャーシーンの大物アーティストとのコラボレーションを成功させるなど、若くして数々の実績を挙げることに成功した。堅実に努力を積み重ねることで、平成生まれ世代のトラックメーカーとして2008年頃より徐々に音楽業界における存在感を増して来ている。

 

彼がプロデューサー目線で選んだ2016年ベスト10、というか昨日は4位までの発表 


4位  宇多田ヒカル「真夏の通り雨」
5位  HEIZE「Shut Up&Groove」
6位  三浦大知「Cry&Fight」
7位  ソランジュ「Don't Touch My Hair」

8位  星野源「恋」
9位  METAFIVE「 Luv U Tokio
10位 欅坂46サイレントマジョリティー」

 

欅坂(衣装もコンセプトも良い)、宇多田ヒカルの曲の中から「真夏の通り雨」を選ぶのが私と同じー!後、METAFIVEね!

ちなみにメンバーは 高橋幸宏小山田圭吾砂原良徳TOWA TEI、ゴンドウトモヒコ、LEO今井という豪華メンバー、まあおっさんホイホイバンドですな(笑)

 

小山田 圭吾(おやまだ けいご、1969年1月27日 - )は、日本のミュージシャン。フリッパーズ・ギターのメンバーとして1989年にデビューし、フリッパーズ・ギター解散後は主にソロユニットCorneliusコーネリアス)として活動。

 

で、コーネリアスが好きだった私はまんまコーネリアスなこの曲を推す!

 

そしてtofubeatsが選んだ曲の中で私が敬遠しがちなジャンルのこの曲も貼っておこう〜全米で流行った曲らしいですが日本では難しいですよね

 

これまた私が聴かないジャンルの韓国のグループもとりあえず

 

最後に日本語の曲っていいなあ、と改めて私に思わせてくれた宇多田ヒカルの曲

 

来週はベスト3の発表なのでこの手の番組がお好きな方は是非!

 

最後に忘れちゃいけない、先日プロモーションのために来日したmamamooのファサが亀梨和也くんのファンだと公言したらしく(小栗旬生田斗真も上げてたから昔のドラマの影響ですね)今も好きなら嬉しいけど

亀オタの人からしたら誰やねん?ですが韓国で人気のある歌ウマな女性グループです

ファサは1番右の立ち位置の人!韓国の人は老けて見えるから年齢調べると若くてびっくりしたわ(笑)